落書帳みたいに、思ったことをつらつらと。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 通過点 | main | てちょう とか にっき。 >>
めもま
 めもま。

平仮名やったらなんのこっちゃやね。
イミフーね。

”メモ魔”
やっぱり平仮名だけやったら足りんからカタカナもあるし、
漢字から平仮名だけに淘汰されることもなかったのだと実感。

そう、”メモ魔”に為りたひのです。
10年、20年、30年後の自分のために残していかないといけない時期
にさしかかってるのかなと思うんです。

さっきね、いろんなヒトのblogを読んでてこんな言葉があった。

「自分の年齢を3で割ってみなさい。
人生を1日にたとえると、あなたはその時間にいる」

へぇ〜妙になっとくしました。
ヒトの一生が80才だとすると、3で割ると26くらい。
つまり26時にいることになる。
するとちょっと矛盾するんじゃないかとも思う。
でも、もうそのくらいになると、皆がねむってる時間に夜更かししてるような
自分のためだけの時間に使ってもいい頃あいなんかなぁとも思わされた。

だけど1日でもヒトによっていろんな日があるから、
いろんなあり方があっていいんだと思う。
時間のかけ方にもいろいろある。

朝の3時から家を出るヒトもいれば
夜22時が一番忙しいヒトだっている。
いつ一服するか、いつ眠るかだって、生活スタイルでまったくちがうだろう。

実のところ、ワタシは22才。
つまり朝の7時20分すぎってことになるね。
だいたいのヒトが朝ごはんを食べて、きょう1日に備えるころ。

1日のはじまりに何をしなくてはならないのか。
人生のプロローグに何をしなくてはならないのか。

そうやって考えたときに、おいらは何かを残そうとか
結果を出そうとかそうやって生きたことはあんまりなかった。

日々を一生懸命生きて、ふと振り返ったときに
曲がりくねった、不恰好な確かな道があればいいんだと思ってる。

でもそれは自分が段取りとかプランニングには全く縁遠いがための
逃げ道をつくってるだけかもしれないなぁと思うこともしばしば。

たとえば、プランが先立っていればto doリストにそって
進めていけば前進できることが予定されているなら、
多少のハプニングがあったとしても、少しずつ軌道修正をして
小さな目標、中くらいの目標、大きな目標というように
段階別の大きな流れに対しても対応していくことも可能だろう。

しかし主だったプランがない場合。
これはもう広い海に投げ出されたバナナボート並みに心細い。
自分の行く末はわからず、荒波にもまれ、食料は尽き、
舵とりなんてままなることがあるはずもない。
そんな中でもなんとか北極星をさがし、コンパスで方角を知り、
地図なんてないから自分で書いてみる。
あ、これワタシの状況っすね。ははは!

そうなのよ。
おいらには人生計画も航海術もなにもないわけで、
朝ごはん食べずに家を出ようとしてるわけなんです、ハイ。
それはまずいだろうと。昼まで持たないぞと。
だからなんとか情報収集をして、残しておく。
それが消化されて栄養になるのかわかりませんが、
おいらは”メモ魔”となっていくことを誓う次第です。

きょうは以上!
スポンサーサイト
COMMENT