落書帳みたいに、思ったことをつらつらと。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

グリーンカレー
カレーはバーモ○トよりもグリーンカレーでしょ。
まつだです。

ていうかカレーって市販のルーでつくる限りでは
失敗しようがないよね。
グリーンカレーキットでつくったそれは
文句なしに美味しかったよ。

またメモ魔をさぼってたので
ちょっとまた書いてみました。

最近思うこと。

○才能がある人たちが集うパフォーマンスは見てて
 すごい気持ちいいものだということ。

 FNS歌謡祭を見ててすごくそう思った。
 もちろん単体でも素敵なのはそうなんだけども、
 ふだんは見られない彼らのコラボレーションは手をとめて
 見ざるをえないんだ。
 What a wonderful world it would be!
 そう、世の中捨てたもんじゃない!

○映像も好きだけど音声だけも好き。

 最近ね、好きなバラエティとかCMとかの動画を
 音声だけで聴いてみたりしてるんですよ。
 これがね、結構好きなの。
 何回も見尽くしたものが多いんだけど
 音声だけだと新たな発見があったり
 脳内再生でシーンを想像しながら聴く。
 そうすると、またちがった楽しみ方が出来ていいよ。
 あとで映像を見直してみると
 音声だけでは思い出せなかったニュアンスがあったりね。
 映像と音声って補完関係にあるんだなって、あらためて実感。
 
とくに後者はおすすめー!
おいらは「♪超録」っていうフリーソフトで
パソコンで再生した音声を録音して聴いてます。
録画した番組はそうすることが多いかなぁ。
あとはAudio editorで編集したり。
mp3に落とすだけなら、Craving Explorerでも
簡単にできていいと思います。

ではまた!
とっさのはんだん
30秒で物事を決めなければならないとき
それはオモイモシナイことが重なって起こる。

深夜2時、寝苦しさに目覚めた。
遅い時間ではあったが、角にある自販機に向かう。
近くに100円で買えるところが何台かあるのだ。
こんな遅い時間だというのに、その3台の自販機の近くで2人出会った。
それだけでも稀有な出来事だと思うのだが、
今夜はそれだけでは終わらない。

100円という消費者にとってうれしい価格設定にも
やはりコストパフォーマンスをちゃんと考えてある。
ほとんどの飲料は350mlのものが多いなかで、
果汁飲料などはフタのついた小さめな缶だったりする。

しかしながら、例外も存在する。
その名も「さらっとしぼったオレンジ」だ。
果実のパルプ入り、すっきり天然水割り果汁10%

そんな高クオリティにもかかわらず、
容量はまさかの500ml、重さにして490gである。
おぉ、この寝苦しさにはぴったりの代物。
1000円札を入れて、すべてのボタンは緑色に点灯する。
迷わずいちばん左下のそのボタンを押す。
きわめて冷静な小生。
そこに差しこむものは微塵もない所作だった。

だがしかーし。 ピッピッピッピッ。
そうだ、この自販機はめずらしい機能がついている。
 100円の自販機にありがちだけども、
きょうびの自販機ではあまり見受けない。

その機能とは・・・「数字がそろったらもう1本」

そう。有能な読者はもう察しがついているだろう。
 「ピーーーーーー」当たった。当たってしまったのだ!!
この辺に引っ越してきて、3年になる。
もちろんこの自販機にも何度となくお世話になっているが、
当たったためしなど一度だってなかった。
その待ちに待った瞬間が、ついにやって来たのだ。

 こういう瞬間はそうそうない。
かく言う小生は、おそらく人生で2度目だと思う。
小学生のときに1度目は経験済み。
そして10年のときを経て、満を持しての状況だ。

さぁ小生がほしかったのは?
「さらっとしぼったオレンジ」だ。そこに迷いはいっさい無かった。
狙い打ちの状況ではあったが
もう1本くれるとなれば話は別だ。ほしい。

だが、何事にもルールがあるもので、
「もう1本」のその1本は30秒以内に選ばなくてはならない。
30秒というのは一体どのくらいの時間だろうか。
人生における30秒はカウントに入れるべきか躊躇するほどだ。
でも、缶ジュースを選ぶ時間として考えてみてほしい。
その30秒は案外長いことに気付くだろう。

とはいえ、その状況にぶち当たった張本人に
そんなまっとうな判断は出来るはずもない。
まさに「とっさの判断」なのである。
こういうときに出てくる判断というのは、
「第2希望まっしぐらの一本」か「全く飲みたくなかったそれ」
のどちらか、というのが通説だろう。
その方が、ストーリーとして成り立つからだ。
漫才や小噺でいう「オチ」、落語でいう「サゲ」の部分に
話は入ろうとしている。

つらつらと回りくどい前置きは終わりだ。
では小生が選んだ「もう一本」とはズバリ!!
 
「ウルトラマンサイダー」

・・・

だってほしかったんだもん。
缶がシルバーと赤の憧れのヒーローコスチュームなのだ。
すっかり忘れていたが、以前友人からその写メを見たことがあった。
心なしかそのパッケージがほこらしげに思えた。
サブリミナル効果を身をもって経験した。

正直言うと「オチ」としては
「第2希望まっしぐら」でも「全く飲みたくないの」
のどちらでもないという中途半端な結果を想定していた。
「飲みたくないわけではないが、選んだ理由がわからない」
というのが常々なのだと思っていた。

しかしながら、自分の記憶を整理していると、
それは「第2希望まっしぐら」ではないにせよ、
一度は飲んでみたかった1本、には値する。
ということは、「どちらかというと第2希望」程度
の位置づけなのだ。
しかも選定理由は後付けではあるが、明確だ。

潜在意識というものはおそろしいものですね。
いろんな選択肢がある中で、
判断なんてものは日常の積み重ねにしかすぎないのだ
とまざまざと思い知らされた、初夏でした。
朝の匂ひ
もう新しい季節がきてずいぶん経ちました。
すこしだけ今の生活にもなじみつつある昨今です。

この4月から、都市の安全をふまえたまちづくりを勉強しています。
正確には、勉強するスタートラインにいます。
まだまだゼミも始まったばかりだし、かけだしの身です。
自分の進みたい方向性(研究、就職含め)がつかめなていない人です。

だからこそ、私が今すべきことはたくさんあるでしょう。

いろんな文献を読む
新聞を読む
いろんなバイトをする
人と話をする
自炊をする
掃除をする
考えごとをする

あげていったらきりがないです。
そんなわけで目標を2つ、簡潔に。


”自分の引き出しをふやす”

”当たり前のことを当たり前に”


自分のふれ幅を大きくしたい。
ありふれた日常生活をちゃんとしたい。

それが今のわたし。
the last day in life
「ヒト」って

人生で最期の日、何を想うんだろうね

よく映画なんかで「余命○ヶ月」なんて表現を使うけど

そんな客観的な数字では何かピンとこないな


久々の日記がヘビーな内容で申し訳ないね。
さっき母からの電話で、もう祖父が長くないことを聞かされました。

祖父は家業をそっちのけで、自分のしたい事をしたいようにするような人
だったので、ちょっと家族の中では変わった存在で。
気まぐれなところもあって、私はあんまり気が合わなかったのね。
私が一人暮らしをする前までは、そんな調子で元気だったから、
病気したり弱ったりする様子を聞くのは、きまって母からの電話。

それが長期休暇に帰省したりすると、
そのわかってた「はず」の現実に愕然となった。

「嘘でしょ、みんなを困らせたいだけなんじゃないの?」
って思うくらい残酷な姿が、そこにあるだけ。
それが1年くらい続いてたんだけど、もう春までかもしれないみたい。

人がもうすぐこの世を旅立とうとしている
それを冷静に見つめてる私がいるんだ。

冒頭の言葉に話はうつる。

人生にはいっぱい転機があって
そのたびに一つの選択をしなくちゃならない。
そのうちの重要な一つを決めるために今、私は就職活動をしている。

それじゃあ数十年後か、もっともっと後か、明日かもわからないけれど
死にゆくときに、この選択をふり返って、何を想うんだろう?

正しい選択だったって想うことができるんだろうか?

じゃあ、私が誰もがうらやむ一流企業に就職したとして
それを「正しい選択」だとは言わないんじゃないかと思う。
問題はそのあとどんなふうに道を歩むかで、
「正しい」選択だったと初めてふり返ることが出来るはずだ。

思えば、私はその節目節目を正しくすることに必死で
その後のことなんていつもナイガシロにしてきたな
つじつまを合わせることに躍起になってた。
「怠慢」ってこういうことなんだって思う。

皮肉なことなんだけど、私と祖父は似てるところがあるんだよね。
気分屋で、やりたい事をやりたいようにやらなきゃ気がすまない。

私もその精神を受け継いだったことか?
なんかやりきれないんだけどなー。笑
将来、家族には苦労させるんだろうなぁ。苦笑

話は全然変わるけど、こうやって自分の気持ちを書いていくと、
自分が思っても見ないような方向に、まさに話が転がっていって
数分前までは自分が思ってもみなかった気持ちになってたりするよねぇ。

さっきまではくらーーい気持ちで、ちょい哲学的だったというのに。

ま、結論としては。

・自分のやりたい事を貫くために、手段は選ばない。
・が、面倒くさくなって投げ出し気味?
・基本的に性善説を信じていて、みんな根は良い人だと思ってる。
・楽天家。
・気分屋。
・取り柄なし、結局どこいっても苦労しそう。
・要するに不器用。

あはは!

ザ・不器用サン☆

こういう風に考えてみると、
自分の直感を頼りに進んでいくしかないってことだろ☆

おしまい。
Nowhere
タイトルは好きな言葉。

The Beatlesの曲で"Nowhere Man"っていう曲があるらしい。

「らしい」っていうのは人から聞いた言葉だからだ。
もう会うことはないかもしれない人。

いい言葉というか、不思議だなって思う。

"Now-here(今、ここに)"
"No-where(どこにもない)"

2つの意味が同居してる、そんな言葉。

I'm now-here,but I am no-where.

私は今、ここにいる。
でも、本当はどこにもいない。

行き場のない言葉をつむぐつもりはない。
ただ言えるのは、次のアクションが私に求められている
ってことなんだろうと思う。

私はどこか一つの場所にいるのが、性に合わないのかな。
何かに縛られるっていう状況がダメなのかもしれない。
どうしたらよいのかねー

とりあえず次の給料が入ったら、
カメラを買おうかと思います。

天気もよいことだしね。
パシャパシャしたいです。

まえにすすもう。







せんたく
choiceじゃないです。
wash the clothesということです。

私が花粉症であることは
以前にこのブログでも書いたかと思います。

きょうはすごく天気のよい日ですね。
It's a sunny day todayですね。
花粉飛散量も非常に多いということですね。
でも天気はすごくよいのです。

こんな日はTシャツでも風にたなびかせたくなるものです。
でもそうすれば、かわいた服を着たときに
目や鼻が痛い目にあうのは、目に見えていることです。
私がいるこの部屋の中でさえ
鼻がむずむずしてしまうのですから。
そろそろ点鼻薬も買わなくてはならないと自覚しています。
そんな身の上で、私はどうしたらいいのでしょうか。
まぁたぶん部屋干しするでしょうけどね。
歩く
ZARDの『揺れる思い』を聴きながら、
お笑い芸人ピースの又吉さんのコラムを読んでたら、
不意に歩きたくなった。
本当は今、お昼を食べていなくて、
夕飯のことしか考えられないのだが、
買出しがてら散歩にいってきます。
こういうときのワクワクする気持ちっていいね。
今日は久しぶりに自炊をしようっと。
きょうはいい夢を見たよ
タイトル通りです。

よい夢でしたなー。
内容は独り占めしたいから、いーわないッ( ´艸`)ウヒョ
その夢の続きを見たくって、2度寝したのが
間違いのはじまりでしたね。
メーリスきてないから、月曜MTにも行けなかった。゚(゚´Д`゚)゚。
auなんか××だー!!

なんとなく最近、絢香をよく聴いたりします。
といってもそんな詳しいわけじゃないけれどね。
きっと彼女は「まっすぐ」な瞳をした人なんだろうなって思う。
あたしもそんな瞳をした人になれたらなー
というか同い年なんですよね、彼女。
wikiで調べてみたら、誕生日から見れば、
むしろ年下だそうで。。。凄っ!

そのせいか、きょうはちょっとは前向きで、
こんなどうしようもない自分だけど、
誰とも比べられない「自分」を受け入れてもいいかなって思える。
もちろん受け入れられない部分はあるのだけど。。。
まぁ、それも今の「自分」をなす一部なわけだから、
毎日の中で変わってゆけたらなって思いますね。

さあ眠ろう
きょうも幸せな夢が見られますように★・゚:*:゚
おやすみ。
面接
きょうはバイトの面接でした。。
ニューオープンの某大型家具店のバイトの面接です。
"Diversity(多様性)"をモットーとしている企業なので、
年齢や経歴もさまざま人が集まっていました。
4,5人の集団面接だったんですが、
なんてゆうか自分って自己PR力の難しさを
改めて思い知らされました。
自己分析甘いっす。

他に学生2人、漫画喫茶の元店長、定年退職直後の男性
という取り合わせでしたが、
後者の二人の職に対する熱意はすごかった。
前者はコスト意識などの経営戦略への共感、
後者は照明に対する知識の豊富さとキャリアを
強烈にアピールしていました。

それに引きかえ私ときたら。。。汗
目を見て話すこととインテリアや企業体質に対する好奇心を
繰り返すばかりだったような・・・
あぁ1次面接受かってるといいなぁ。
あ、ちなみに2次面接もあるのですよーヾ(;→㉨←)ノ
緊張するなぁ。

自己PRはおいといて、
ほんまにこの会社に働いてみたいなって思った!
バイトと正社員が同じ待遇の会社って
めったにないと思うし、
いろんな国籍、性別、年齢で認め合って、
ときに衝突しながら成長できる場って貴重ですよね。
ポストの空きもオープンに公開して、
正社員になるチャンスも平等に与えられるみたいやし。
あわよくば就職?!
・・・まだバイトにもなってないYO

あぁ働きてぇな〜

そうそう。
きょうはアナログ生活を切り出すべく、
ラジオを買いました。
これでオールナイトニッポンが聴ける♪
もともと、夜はラジオ派だったんですよ。
もっぱらミューパラリスナーです。
ラジオ聴きながら本読んだり、勉強したり。
理想的な生活だ☆

さあさあ
きょうは寝ようとしますかね。
明日もいい日になるといいな。
きょうを超えて成長できますように。

おやすみ。
書いてみる
意味はないけど、かきたいから、かく。

頭ん中の私は相変わらずです。
そう簡単に変われるわけでもない。
すんげー悶々としてますね。
このフットワークの悪さはどうしたものか。。。
頭ではわかってることが増えてゆくねー

「自分には出来ないって決め付けてるだけ」って
叱咤のしかたがあるけれど、
本当に出来ないって気づきつつあるときは、
どう進めばいいんだろうね?

出来もしないってわかってるのに。
苦しくてしかたがないというのに。

逃げちゃいけないって一般論をよそに、
逃げたくてたまらなくなるよ。
じゃーあたしに出来ることってなに??
この手で何が出来るっていうのだろう。。

明日は学校に行きたいから、
とりあえず寝よう。
良い夢が見られるといいな。

おやすみ。。